島らっきょうの浅漬け

ごはんのお供

沖縄には島らっきょうと呼ばれる沖縄独特のらっきょうがあります。

様々な楽しみ方がありますが、今回は最もよく食べられている浅漬けについて紹介します。

スポンサーリンク

種としては本土のらっきょうとそう変わらないそうなのですが、島らっきょうは若いうちに収穫するので見た目が大きく異なります。

本土にも早採りらっきょうはありますが、これと比べても辛味が非常に強いのが特徴で、浅漬けはその特徴を生かした楽しみ方のひとつです。

泡盛に大変合うので、肴として楽しむのが一番おいしいかもしれません。

本土の早採りらっきょうは「エシャロット」や「エシャレット」という名前で販売されています。島らっきょうと比べると辛味が弱くらっきょうらしい香りが強いので少々味わいは異なりますが、同じように浅漬けにしておいしくいただけます。

実はエシャロットは本来西洋で食べられている日本のらっきょうとは異なる植物ですが、日本の早採りのらっきょうを買うつもりで間違えて西洋のエシャロットを買ってしまわないように注意してください

Print Recipe
島らっきょうの塩漬け
島らっきょうの浅漬けです。島らっきょうの辛味、香り、塩味が泡盛のアテにぴったりです。
コース小鉢
下準備10
所用時間6 時間
分量
g
材料
  • 100 g 島ラッキョウ 早穫りのらっきょう(エシャロット)でも代用可
  • 4 g
  • お好みで かつおぶし トッピングに使います
コース小鉢
下準備10
所用時間6 時間
分量
g
材料
  • 100 g 島ラッキョウ 早穫りのらっきょう(エシャロット)でも代用可
  • 4 g
  • お好みで かつおぶし トッピングに使います
作り方
  1. 島らっきょうの茎(色づいた部分)をとりよく水洗いし、30分ほど水に漬けます。
  2. 島らっきょうに塩を加え、揉むようになじませます。
  3. 5~6時間冷蔵庫で漬け込んだら完成です。お好みでかつおぶしをトッピングして頂いてください。

【補足事項】

  • 塩は普通の浅漬けと同じような分量(2~5%)の範囲でお好みで加減してください。島らっきょうは少し塩辛めの方が合う気がします
  • 少し塩を減らして、食べるときにちょっぴり醤油をつけてもおいしいです
お食事処 味春(みはる)

味春 | 食べログ
食堂 味春(みはる)- 長く地元に愛される沖縄の大衆食堂

沖縄県糸満市西崎1-13-5
道の駅いとまん・ファーマーズマーケットいとまんから徒歩5分

コメント

タイトルとURLをコピーしました